コンテンツへスキップ

キムチを健康に役立てるために注意すべき事

PR|   豊富なデザインのステッカー

キムチは韓国の伝統食ですが、近年は日本でもスーパーマーケットで常に見かけるほど一般的になってきました。

また「乳酸菌を豊富に含む」「カプサイシンがダイエットに効果的」と、味だけではなく、成分についても注目を浴びています。

しかしながら、「コレが身体にいいです」という情報を目にすると、盲目的になってしまう人も少なくありません。

キムチの場合には、塩分の過剰摂取や味覚障害などの報告もあり、食べ過ぎを注意する必要があります。

そこで、健康食としてキムチを食べるための工夫をご紹介します。

それは、キムチとご飯を食べるなら、一緒に海苔を食べるようにしましょう。

塩分排出を促すミネラルが豊富な海苔は、キムチとの相性も抜群です。

その海苔にサッとごま油を塗っておき、ご飯とキムチを包み込むようにして食べると舌を直接刺激せずに済みます。

また、予め牛乳を飲んでおくと唐辛子の刺激から胃壁を守ってくれます。

もちろん、食べ過ぎないのが一番!

それでも食べたい人は、このような僅かな工夫でキムチを歴とした健康食としていただくことができるのです。