コンテンツへスキップ

キムチについて考える

PR| クロスの貼り替えに初心者セット

朝は納豆を食べるという人も多いかと思います。

納豆を食べるときはたれとからしを入れます。

でも毎日同じ味だと飽きてしまいます。

そのようなときにキムチを入れます。

キムチを入れるときはたれとからしは入れません。塩分が多くなってしまうからです。

納豆とキムチを混ぜるとおいしくなるだけでなく健康効果も高まります。

どちらも発酵食品なのでおなかの調子を整えることができます。

血液がサラサラになるという効果もあります。

ピリッと辛くておいしいので毎日食べても飽きることがありません。

おいしくて健康効果もあるのでおすすめです。

納豆は古くなると発酵が進みます。

スーパーで賞味期限が近くなって半額になった納豆は新しい時よりも健康に良いです。

納豆とキムチを混ぜた後は少し時間を置いておいたほうがおいしくなります。

納豆キムチを食べるときはご飯の上にのせてもいいですがうどんに絡めたりしてもいいと思います。

キムチにはヨーグルトよりも乳酸菌が含まれています。