コンテンツへスキップ

たくさんの可能性を持つキムチの魅力

PR| おしゃれなデザインの壁紙

焼肉には欠かせないキムチ。

キムチという韓国と言うイメージがありますが、もともとは朝鮮半島で厳冬期に備えて作られた保存食なのです。

最近では漬物と同じような感覚で食べられ、どこのスーパーでも取り扱いがされています。

キムチというと白菜のものが一般的です。

他にも大根を使ったカクテキ、きゅうりのオイキムチ、唐辛子を使わない白い水キムチなど、たくさんの種類のキムチがあります。

発酵食品であるため乳酸菌やビタミンが豊富で、健康にも良いと言われています。

カプサイシンが脂肪燃焼効果もあるという意見も。

そのままでも美味しいキムチですが、調味料としても優秀です。

旨みが強いので、どんな食材に合わせても美味しくなります。

煮ても焼いてもOK、良く知られているのが豚キムチでしょうか。

豚肉とキムチを炒めるだけで、メインの一品になります。

豆腐に乗せればちょっと変わった冷奴、ごはんと炒めればキムチチャーハンの出来上がりです。

寒い季節はキムチ鍋にすれば、より一層温まることができるでしょう。

これからも可能性を持っているキムチに注目です。