コンテンツへスキップ

寒い時期キムチ鍋がたべたい

PR| クロス貼り替え用品のご相談

寒くなると、週に1回はキムチ鍋を食べます。自宅で家内と二人ほおばります。土曜日の夜はキムチ鍋をすることが多いです。月曜日会社に行った時、少し臭いますので。定番で入れるものは、魚河岸天ぷら、豚肉、キャベツ、しめじ、ネギです。味噌も味付けで入れます。スーパーでキムチを買ってきてたっぷり入れます。うどんや餅も少し入れます。ガスコンロで鍋を温めながら食べます。いつも多めに作り残します。これは翌日の昼に、ご飯を入れおじやにして食べます。よく味がしみ込み深みがでます。

キムチが残った時は、豚キムチをします。鉄板で豚を炒め、そこへキムチを入れ焼きます。風邪ひいたときは発汗作用があり打って付けです。スタミナがつき元気が出ます。変わった所では、お好み焼きに入れたりします。お肉の代わりにキムチを入れ焼いていきます。少しトンガラしの効いたキムチが粉もんと一体となり絶妙な味になります。キムチがある時、我家は明るくなります。明日への健康のため、これからもキムチを食べて頑張りたいと思います。