コンテンツへスキップ

キムチの乳酸菌効果で腸をパワーアップ

PR|   週末パパのお手伝いに壁紙初心者セット

いまや韓国料理というよりも、すっかり日本の食卓に溶け込んだ感のあるキムチ。キムチ鍋やキムチチャーハン、キムチうどんなど、料理のバリエーションもさまざまです。代謝をアップするカプサイシンが多く含まれていることから、ダイエット食品としても有名ですよね。そんなキムチですが、特におすすめしたい効能が「整腸効果」です。キムチには生きた乳酸菌がたっぷり含まれていて、この乳酸菌(いわゆる善玉菌)が生きた状態で届くと腸まで届くと、悪玉菌を撃退し腸内の環境を整えてくれるのです。乳酸菌といえばヨーグルトを思い浮かべる方も多いと思いますが、大切なのは腸まで生きた乳酸菌をどれだけ多く送り込むことができるかです。そこで登場するのが日本独自の発酵食品である納豆です。納豆菌は乳酸菌の増殖を手助けする働きがあるため、キムチと一緒に納豆を食べるとより多くの乳酸菌を腸まで届けることができ、整腸効果はさらにアップするというわけです。腸は第二の脳とも言われるとても重要な臓器です。腸を整えることは、体だけでなく心の健康にも一役買ってくれるのです。