コンテンツへスキップ

キムチを食べたくなる時について

PR| クロス替えで雰囲気チェンジ

キムチを食べたくなる時は甘いお菓子を食べた後にしょっぱいものが欲しくなったときやおかずを先に食べてしまいご飯だけが残ってしまったときなどです。

他の人はどんな時にキムチを食べたくなるのかなと思って調べてみました。

寒い日に体を温めたいというときにキムチ鍋を食べたりお酒のおつまみとして食べたりしているとのことでした。

寒い日の夜に食べると唐辛子の力で体を温めてくれる効果があるので寒くてなかなか眠れないというときは良いと思います。

夏は暑くて食欲が落ちます。

でもキムチを食べると食欲が復活します。

なぜなのかわかりませんが辛い物は体を元気にしてくれる効果があるからなのかもしれません。

キムチに含まれている乳酸菌はヨーグルトに含まれている乳酸菌よりも生命力が強いです。

キムチを毎日食べると腸内が活発になるので便秘を解消させることができます。

キムチにはニンニクがたっぷりと入っています。

ニンニクを食べるとスタミナがつきます。