コンテンツへスキップ

キムチについて考える

PR|   サンプル壁紙代金は無料

キムチを食べるときは小皿にとってそのままということが多いですが料理に使うときもあります。

すき焼きは甘辛い味が当たり前という感じです。

キムチを入れるとピリッとした辛さが加わってさらにおいしくなります。

作る時のポイントは、割り下を薄めの味にすることです。

キムチを入れるのでいつも通りの割り下にすると塩分が多くなってしまうからです。

スーパーでよく買うキムチは「こくうま」という商品名のキムチです。

国内産の白菜を使用しているというところがいいなあと思っています。

本格的な材料を使って作られているのでとてもおいしいです。

安売りの時は1パック198円ほどで買えるのでうれしいです。

ラーメンやうどんを食べるときにちょっと味が物足らないなあときときはキムチを入れます。

ピリッとした辛さが加わっておいしさがアップします。

普通の漬物の味に飽きたら桃屋のキムチの素をかけます。

きゅうりの漬物にかけて食べるととてもおいしくなります。