コンテンツへスキップ

キムチがありました

主張から帰宅すると家には誰もいませんでした。妻は慰安旅行へ行っているのです。そして息子も恋人と一泊旅行だと言っていました。だから家には誰も待っていてくれる人はいなかったのです。久しぶりに広い我が家に、私だけでとても落ち着けるのです。

小腹がすいたので何か食べようと、冷蔵庫を開けました。すると何もないのです。卵も豆腐も、何もありません。ただあったのは、キムチだけだったのです。それもタッパに入った、手作りキムチだったのです。

それがとても美味しそうだったのです。ちゃんとご飯もあったのです。私は我慢できなくて、早速そのキムチを頂いてみたのです。すると今まで食べた中で一番美味しいキムチだったのです。こんな美味しいキムチは、今まで食べた事もありませんでした。びっくりするくらい美味しかったのです。

でも誰のものかわかりません。買ったものなのか、本当に手作りなのかわかりません。それにしても、こんな美味しいキムチ初めてだったのです。