コンテンツへスキップ

キムチは、大阪の鶴橋で取り扱われている商品がベスト

PR| 国内外ののりつき壁紙なら

キムチとは、朝鮮語でいう漬物のことです。ただ、朝鮮半島で食卓で食べられているキムチというものは、「唐辛子といった香辛料を使ったキムチであり、辛くて酸味が在るもの」とされています。このキムチですが、日本では漬物と別個のものとして扱われており、浅漬けといった漬物類とは区別されています。

キムチというと、広い意味では漬物となっています。日本で辛い漬物である食品は狭い意味でのキムチとなっています。日本でもキムチは製造及び販売されており、食品会社では「キムチの素」とされる調味料等が販売されています。また、食品スーパーマーケット等では「キムチの素」みたいな商品だけでなく、「キムチ鍋の素」みたいな物も販売されています。

日本で販売されている「和風キムチ」ですが、味は基本的には辛くて酸味が在るとされています。ただ、自分はキムチは、「大阪のコリアンタウン」である鶴橋(大阪市生野区の、桃谷に在る御幸通り商店街等のことです)で売られている商品が絶品とされています。

大阪・鶴橋の当該商品を食べた事が在るのですが、食べてみて感じた事は「辛いけれど、甘味が在りコクが在って病み付きになる美味しさ」だということです。何度か食べたのですが、とにかく辛いだけでなくコクが在って「ついつい、食べ過ぎてしまう位」に美味しくて仕方がないという事です。人気商品とされているので、とにかくまた食べたくて仕方ないです。